冷却系にお金をかけよう

本体のDVIに繋いでも映らないでそういう仕様だったかも。H55M-P33というやつ。グラボの冷却ファンがほとんど動いてないのに気づいてエアダスターで埃を飛ばしたら画面が落ちなくなったけど、更新プログラムのインストールが3時間位待っても終わらない。スパラで14ちゃん30日遊べるクーポンつきの最安値ゲーミングPC買うつもりがグラボとか冷却とかSSDとかあれよあれよと欲張ったら価格が倍以上に膨れ上がったからやっぱりカスタムはお値段はる。グラボのファンが回転してない。ファンコントロール機能がおかしくなったと。温度が100度越えしたら強制停止の冷却開始みたいな。つまりとりあえずファンを回せばとりあえず動くっぽいがどうだろう。ノートだとグラボの性能とかCPUの性能が全然足らない。一部例外あるけどお勧めしない)のと冷却性能がクソ。

最初にお金かけるのはCPUと冷却系とゲームするならグラボ。箱は無駄に光るヤツはオススメしない。今度はグラボが死んだ。正確には冷却ファンが修理とか言って交換してもらってちょうど一年くらいだ。もう保証ないから自力で交換するしかないよな。早めにグラボ差し替えたい。冷却ファンが片方ずっと全開で回ってるからうるさい。グラボと電源新調して半月も経たないうちにCPUの冷却ファンも交換することになりました、水冷ポンプからエア噛みの音が止まらないし、高負荷時CPU温度が99度まで上がるとか。CPU溶けてしまうってことで、財布がどんどん軽くなる。jet streamは低負荷時と高負荷時のファンの回転を勝手にコントロールしてくれて本当に低負荷だとファンの回転そのものが止まる。グラボはメーカーによってファンとかの冷却機構が違うからそこの違い。グラボ自体のスペックはかわらない。